家を売るなら手間をかけずに高く売れるテクニックあります!

MENU

家を売るならまずは調査


結婚後に中古で購入したマイホームでしたが、住み替えをしようと思います。
子供が出来る事も想定してそれなりの広さを選んだつもりでしたが、やっぱりいざ家族が増えていくとどうしても手狭に感じてしまいます。

 

男の子3人なので、毎日騒がしい上に散らかすので余計に狭く感じる部分もあるのかもしれません。

 

階下の人から「うるさい」とクレームを受けてしまったことが住み替えの決め手となりました。妻の精神的なダメージも相当でしたから、お金には代えられないと思っています。

 

元々中古で購入していますから、どの位で売れるのかも気になります。
急いで引っ越したいという事ではありませんが、家を売るならは色々と調べなければいけませんね。

家を高く売るコツ

私が今のマンションを買った時は30代でしたから、毎月の家賃を払う位ならローンを組んだ方がいいやという気持ちで購入しました。
中古でも一応資産価値はありますからね。

 

現在は40代でローンはあと少し残っていますが貯金も少しあるので、住み替えの費用は何とか出来ると思っています。

 

でも買ってから売るというのは、ちょっと厳しいのかなという気持ちもします。ローンが二重の負担となってしまいます。
売れてから買えれば、気分的にも不安要素は無いですよね。

 

あとは中古住宅を扱う業者に最初に安価で売ってしまうという手もありますよね。
難しい選択となりそうです。

家を売るならネットの査定が便利

色々調べても一人でパソコンから得る情報だけでは限界があります。

 

やっぱりプロに相談しなければいけないと思い、査定を依頼する事にしました。

 

今のマンションを購入した時にお世話になった不動産屋に行くのが良いのだろうと思いましたが、気が乗りません。
専任で取り扱われていた物件だったため仲介してもらいましたが、あまり良い印象が無いんです。

 

初めての大きな買い物で、サポートが行き届いてないと不安になりますよね。
今回はさらに買いと売りの両方を考えなければいけませんから、まずは簡単に査定金額を見てもらえるネットサービスを利用してみる事にしました。

 

そういったサービスも調べてみるとかなりの数があって、正直どこにしたらよいのか解らず、どこでも同じなのかもしれないと投げやりな気持ちにもなってしまいました。

 

よくよく見ていくと提携不動産業者の数や実績、評判なども様々ですから、私は「イエウール」と「オウチーノ」の2つのサイトから査定依頼をしてみました。

 

簡単に依頼が出来て、すぐに結果が出るというのは解りやすくて便利でした。

家を売るなら手間を惜しんじゃダメですね


査定結果は2つのサイトから合計6社に出してもらいました。
名のある大手も含まれています。
査定結果の数字だけで判断するにはまだ早いとは思いつつ、金額には最大100万もの差が開いていました。

 

実際我が家を見てもらうとこの差は無くなるのかもしれませんが、それにしても100万の差は随分だと思います。

 

訪問査定の依頼は高値を出した業者と、平均値で出された業者2社の合計3社に依頼をする事にしました。

 

直接顔を合わせて話しをする前から、3社ともメールや電話での細かいやり取りが始まりました。
その内1社は挨拶程度の軽い内容のみで、訪問日まで特別なやりとりはありませんでした。

 

もう1社はなんというか体育会系の営業カラーで、必死に顧客を取りたいといった雰囲気が強かったです。

 

一番親身だったのが一番査定額の高い業者でした。
担当の方にもお子さんがいて私の気持ちを汲んでくれたのが、人生で大金のやりとりをしなければいけない緊張状態の私を和ませてくれました。

 

「頑張りましょう!ご家族にとって住みやすい家をみつけましょう」
この言葉と、査定額の高さでこの不動産屋に決めました。

 

子供の学校の事などもありますから引き渡しの時期や、転居先は慌てずに探せるように色々なプランを提示してもらいました。

 

結局は査定額よりも販売金額は少し下がりましたが、それでも高値で売れた事には違いありません。
数社に査定依頼が出来るメリットを最大限に活かせたのではないかと、大満足しています。

 

イエウールの公式サイト

 

オウチーノの公式サイト